背中ニキビ

背中ニキビケア

ニキビというと、顔にできるものというイメージが強いかもしれません。
しかし実は、背中にできるニキビに悩まされている女性が多くなっています。
自分では見えないけれど、周囲の視線が気になる背中ニキビのケアについてご紹介します。

見えないからこそ差がつく!ニキビレスの背中になるために

実は、ニキビは体中のどこの肌にもできるもの。
顔にできると嫌でも目に付くので気になってしまいますが、見えないところにだってできているかもしれません。
その代表的な場所の一つが背中。
自分では見えませんが、夏に水着になったときなどに意外と目立ってしまいます。

背中ニキビの原因

背中のニキビには、さまざまな原因があります。
最も大きな汗や乾燥による皮脂トラブル。
背中は寝ているとき、長い時間衣類と密着して蒸れたり汗に濡れたりします。
汗と皮脂によって背中の毛穴がつまり、ニキビになることがあるのです。

また、背中をごしごし洗うことで皮脂が洗い落とされてしまい、乾燥肌になって毛穴にばい菌が入り炎症を起こすことも。
背中は洗うときはいいのですが、入浴後のケアはなかなか行き渡りにくい場所。
ボディクリームなどでスキンケアを行っている人も、背中の保湿を十分にできている人は少ないのです。

他にも、普段使っている洗濯洗剤や柔軟剤が原因でニキビができるケースがあります。
毎日身につける衣類に残った洗剤の成分が肌に合わず、背中ニキビとなって表面化することも。

同様に、シャンプーや整髪量に関しても同じことが言えます。
髪が長い女性ほど、背中に髪の毛が触れる機会も多くなり、シャンプーなどの成分が背中に伝わってしまうことも。
整髪量などの油分が毛穴を詰まらせ、ニキビとなってしまうのです。

背中ニキビができたときの対処法

痛みやかゆみで背中ニキビに気付いたら、上記の原因をまず取り除いてみましょう。
特に衣類に関しては、汗をかいたらこまめに着替える、吸水性の良いインナーを身につけるなど、すぐできるケアがいくつもあります。
背中に直接触れるものは、清潔で刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。

お風呂に入るときは、背中をごしごし洗わないよう注意しましょう。
しっかり泡立てたボディソープで、優しく軽く洗うのが肝心です。
暑い時期で汗を多くかいた日も、つい念入りに洗ってしまいがちですが洗いすぎは禁物。

さらにお風呂から上がったら、化粧水などで保湿を心がけましょう。
油分の多い化粧水を使うと、寝ている間に毛穴を詰まらせてしまうこともあるので、保湿効果のあるべたつかないタイプがおすすめです。
スプレータイプだと手の届きにくい場所へも化粧水をつけられて便利です。

いかがでしたか?
背中ニキビの原因を知ることで、日々の生活の中で簡単に背中ニキビを予防することができます。
春から気をつけることで、背中の露出が増える夏までにきれいな背中をキープでき、赤みやブツブツとサヨナラできますよ!

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-背中ニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.