背中ニキビ

背中ニキビを増やしてしまう入浴方法

入浴は一日の疲れやストレスをリセットする、大切な時間。
汗や皮脂汚れなどを落とすのも、肌にとって大切なケアの一つです。
しかし、入浴の仕方次第では、背中ニキビを増やす恐れもあるって知っていますか?

あなたの入浴法は大丈夫?背中ニキビを増やしてしまう入浴方法

お風呂に入ると毛穴が開き、皮脂や汚れを落としやすくなる、と思っている人が多いのではないでしょうか。
もちろん、それは正しいのですが、背中ニキビにとってはお風呂は意外な盲点だらけ。
入浴の仕方によっては、ニキビができやすくなるだけでなく、治りにくくなる可能性もあるのです。

背中ニキビができやすい入浴方法って?

どんなに忙しいときでも、ほとんどの人がお風呂に入ると思います。
湯船につかるかシャワーだけで済ませるかは人それぞれですが、頭や体の洗い方、正しく行えていますか?

特に女性の場合、髪が長かったりパーマがかかっていたりすると、シャンプーやリンスがしっかり落としきれていないこともあります。
シャンプーなどの薬液が髪に残っていると、それが背中の肌に付着し、毛穴を詰まらせたり汚れを吸着してしまいます。
結果、背中にニキビができやすくなるのです。

また、背中を洗うとき、どうやって洗っていますか?
ボディタオルやバスリリーでごしごしこするように洗っている人はNG。
強く洗うと肌や毛穴を傷つけ、ばい菌が入りやすくなります。
これもニキビができやすくなる原因となるのです。

熱いお風呂に長時間入るのが好き、という人もいるかと思いますが、これも注意が必要です。
熱いお湯は肌の皮脂を過剰に洗い流してしまい、入浴後の肌が乾燥しやすくなります。
肌のバリア機能が低下して、炎症が起こったり、ニキビができることもあります。

ニキビを予防する、正しい入浴方法

背中ニキビができにくい肌を作るには、いくつかのポイントがあります。
まずは洗う順番。

できれば最初に頭を洗いましょう。
洗い方は、髪を背中側に垂らすのではなく、頭を下げて前に垂らすようにして洗うのがおすすめです。
シャンプーやリンスが背中にかかりにくく、洗い流すときも肌につきにくいのです。
洗い終わった髪は、クリップなどでまとめて背中にかからないようにすると一番いいですね。

次に体を洗うのですが、ボディソープをしっかり泡立てて、柔らかいふわふわの泡で全身を洗いましょう。
背中はこすらず、優しく洗うのが大切です。
流すときはボディソープが残らないよう、しっかり流しましょう。

お風呂から上がった後は、タオルでこすらずに背中を拭きましょう。
タオルを押し付けるようにするといいでしょう。
濡れた髪は背中に直接触れないように、肩からタオルをかけるなどしてカバーするのがおすすめです。

全身のケアと同じく、背中も化粧水やクリームでしっかり保湿しましょう。
背中は寝汗や衣類との摩擦でダメージを受けやすいので、入浴後のケアは丁寧に行うのが肝心。
こうすることでニキビのできにくい、なめらかな背中になりますよ。

あなたの入浴法はニキビができにくい方法でしたか?
普段なにげなくやっていることが、実はニキビをできやすくしていたかもしれません。
今回ご紹介したことを頭において、お風呂タイムは背中ケアをがんばってみてはいかがでしょう?

ジッテプラス

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-背中ニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.