漢方で始めるニキビケア

漢方で始める、ニキビケアの正しいやり方とは

男女を問わず悩んでいる人の多いニキビ。
特に顔にできるニキビは人目が気になって、その日の気分まで左右されてしまいがち。
顔はデリケートな部位でもあるので、できるだけ肌に優しいニキビケアができたら、と思う人も多いのでは。

そこで、漢方を使ったニキビケアはいかがでしょう。
自然由来の成分を生かして治療を行う漢方で、ニキビケアを始めてみませんか?

ニキビに漢方が効くわけ

漢方は主に植物由来の成分を使った薬を用いて、体質改善や症状の緩和を目指す医療です。
一方、ニキビはただの肌トラブルとは限らず、冷え性や老廃物の滞留、内臓の不調といった体の内側の原因によって引き起こされることもあります。

つまり、漢方によって体の内側の不調を改善することができれば、ニキビを治療することにもつながるというわけなのです。
肌表面にできるニキビですが、そのニキビ自体に働きかけるよりも、もっと奥深いところにある原因を根本的に治療することが結果的に近道になる可能性もあるのです。

また、漢方薬は時間をかけて体に作用するのが特徴。
効き目を実感できるまでに長い時間が必要だったり、効果に個人差が大きくなるという一面もありますが、時間をかけて使用することでしっかり体質が改善できるというメリットもあるのです。

ニキビのできやすい体質の人も、漢方によって改善できれば繰り返すニキビを予防することができます。
体質がゆっくりと変化するため体にかかる負荷も少なく済み、ストレスや副作用を気にせずにニキビケアできるというメリットもあるのです。

漢方によるニキビケアの始め方

漢方薬は非常にたくさんの種類があり、専門医によって症状に合わせた配合が行われます。
複数の漢方薬を組み合わせて使うことも多く、専門的な知識と技術も必要です。

ドラッグストアでは手軽に服用できる漢方薬が市販されていますが、初めて漢方に触れる人は、ぜひ専門医による診断を受けましょう。
体質や持病、薬との相性などを見極めてくれるので、より効果的なニキビケアを行うことができるからです。

また、漢方薬を扱う調剤薬局で相談するという方法もあります。
インターネットを使えば自宅の近くにある漢方薬取り扱い薬局を検索することができ、そのままカウンセリングの予約を行える場合もあります。

漢方専門薬剤師や、漢方の専門家である中医学アドバイザーなどによるカウンセリングを受けた後は、実際に生薬を調剤してもらいます。
一定期間服用を続け、それでも効果が感じられないときは違う薬を試してみることも。

漢方薬は体質などとの相性もあるので、一度で効果的な薬に出会えるとは限りません。
また体調や日々の生活リズム、寝不足や喫煙・アルコールによる影響も受けやすいので、できるだけ漢方薬の効果を妨げないよう規則正しい生活を心がける必要もあります。

生活環境を整えることと、漢方薬を飲み続けること。
この2点を守ることが、初めての漢方ニキビケアではとても重要なことなのです。

-漢方で始めるニキビケア

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.