ニキビと最新事情

今からでも真似したい!海外のニキビ治療最前線!

ニキビは世界共通の肌トラブルの一つ。
特に10代~20代の若者にとっては、見た目を左右する大きなお悩みの一つになりかねません。

日本では日々、ニキビ治療の進歩が進んでいますが、もちろん海外でもさまざまなニキビ治療が行われています。
今回は、海外のニキビ治療についてスポットを当ててみます。

海外で人気のニキビ「特効薬」

実は、海外ではニキビの特効薬として人気の薬があります。
「アキュテイン」という名前で、一般的には「イソトレチノイン」とも呼ばれています。
海外ではこの薬を使ってニキビ治療をするのが主流で、抗生物質頼みの日本のニキビ治療とは大きく異なります。

「アキュテイン」の特徴は、汗腺で油分が生産されるのをストップさせる作用があること。
つまり、ニキビの大きな原因となる皮脂を減らすので、毛穴が詰まることもなくニキビになることもない、という仕組みなのです。

ニキビの根本に作用する薬ということで、ニキビ治療の特効薬として知られていますが、副作用が大きいことでも有名です。
シミができやすくなったり抜け毛・頭痛・めまいなどの重い症状が表われることも少なくありません。

人によっては鬱状態になってしまうこともあり、自殺などの危険性も指摘されています。
また、妊娠中に服用すると高確率で胎児が奇形になってしまう作用もが確認されていて、妊婦が絶対に飲んではいけない薬とされています。

また、他の薬やサプリメントとの併用が難しく、場合によっては非常に危険な飲み合わせも多数存在しています。
副作用の多さと重篤さから、日本では「アキュテイン」は認可されていないのです。

ヨーロッパで人気の即効ニキビ薬

ニキビに対する即効性があり、ヨーロッパでは広く愛用されているのが「ニュートロジーナ」という薬です。
こちらはニキビに塗布してから最短4時間で効き目が得られるとされていて、特に赤くなって炎症を起こしているニキビに大きな効果があることが知られています。

「ニュートロジーナ」はアメリカ発のニキビ薬で、日本ではネット通販でしか買うことができません。
理由は、配合されている過酸化ベンゾイルという成分が、日本では認可されていないため。

過酸化ベンゾイルには、ピーリング作用と殺菌作用があります。
酸によって肌表面の角質を溶かし、毛穴の詰まりを解消します。
また、殺菌作用によってニキビの原因であるアクネ菌をやっつけてくれるのです。

過酸化ベンゾイルは非常に刺激が強く、使用中にピリピリとした痛みを感じる人もいます。
赤みや刺激感といった副作用の可能性もあり、肌質によっては刺激に耐えられないケースも。
国内未認可薬のため、使用する際は自己責任になります。

海外のニキビ薬は、自己責任で使用可能

日本よりニキビ症状が重いといわれている欧米では、日本国内で使用されているニキビ薬より強い薬が多く使われています。
日本でこれらの薬を使う場合は、ネットなどで取り寄せ、自己責任で使用することになります。

思わぬ副作用が出る恐れもあるので、それなりの知識と覚悟を持って使わなくてはいけません。
とはいえ、海外では高い効果が実証され、ニキビに悩む人にとっては気になる存在の特効薬たち。
使用する際は、用法・用量を正しく守り、無理のない範囲で使用するように気をつけましょう。

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-ニキビと最新事情

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.