ニキビと身体

小学生でもニキビケアは必要!子供ニキビの正しいケア方法とは

近年、子供の体の発達が早くなり、小学校中学年くらいからニキビができる子が増えています。
高学年になるとニキビに悩む子供も多くなり、早いうちからスキンケアを行うケースも。

「子供は素肌がきれいだから自然のままで」なんて思っている親御さんもいるかもしれません。
しかし小学生のニキビは思春期ニキビのスタートライン。
中高生になって肌の悩みを持たないように、小学生のうちから正しいケア方法を知っておく必要があるのです。

小学生のニキビ事情とは

小学生のうちは成長の早さの個人差が非常に大きく、ニキビに関しても、いくつもできてしまう子と全くできない子で状態に差が出てしまいます。
人目も気になる年頃なので、深刻に悩んでしまう子が少なくありません。

また、ニキビができ始めてもそれが何かよくわからず、つい手で触ってしまったりつぶしてしまったりすることが珍しくありません。

子供のうちは汚い手で触りニキビを悪化させてしまうことも多いので、ニキビができ始めた子供には「触らないで、できるだけそっとしておく」ということを教えてあげる必要が。

子供の肌はターンオーバーが早く、触らなければニキビもすぐに治ります。
すぐに市販薬を使用せず、できるだけ自然に治すようにしましょう。

また、気になるからと髪の毛で隠したり、絆創膏や衣類で隠すことがないように気をつけてあげる必要もあります。
ニキビができたら清潔に、蒸れたり汗をかいたりしないように気をつける、というのも小学生のニキビを悪化させないための重要なポイントとなります。

皮膚科を受診する目安

小学校高学年ともなると、本格的にニキビができ始める子も増えてきます。
自然に治そうと思っても、数が増えると本人が気にしてしまい、親としては何とかしてあげたいと思うもの。
子供自身が薬局などで薬を買ってくることもあるかもしれません。

しかし、その場合は自己判断で市販薬を使うのではなく、一度専門医を受診するほうがベターです。

思春期ニキビは、成長ホルモンの影響を受けていることがほとんど。
大人のニキビのように寝不足や皮脂汚れが原因になっている場合と異なり、薬を塗っても効果がない可能性があります。

小学生のニキビは成長期の発達に伴う反応であり、それに応じた適切なケアが必要です。
市販薬は抗炎症剤や皮脂分泌を抑えるもの、ビタミンが配合されたものが多くなっていますが、思春期ニキビを根本から改善するものではないのです。

子供が小さいうちのニキビに関しては、専門医のカウンセリングを受け、生活面や食事の仕方などさまざまな角度からニキビケアを実践していくことが望ましいのです。

以上のように、思春期ニキビには多面的で適切なケアが欠かせません。
子供の肌にニキビができ始めたら、今回ご紹介したポイントを踏まえて正しいケアの仕方を教えてあげると安心です。

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-ニキビと身体

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.