フェイスラインニキビ

フェイスラインニキビの原因とケア方法

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。
特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。

女性の大敵!フェイスラインのニキビの原因とケア方法

フェイスラインというのは顔の輪郭のことで、「Uゾーン」という言い方もします。
実はここ、意外とニキビのできやすいスポットなのです。
手や衣類が触れることも多く、汗や皮脂が残りやすいフェイスラインは毛穴トラブルの置きやすいゾーン。
今回はフェイスラインのニキビについて考えてみます。

フェイスラインにニキビができやすい理由

ニキビは頬にできるイメージがあるかもしれません。
しかしフェイスラインやあごには男性ホルモンの受容体が多く存在していて、男性ホルモンの影響を受けやすい場所です。
また、毛穴が詰まりやすい上、肌のターンオーバーが遅いのもフェイスラインの特徴。
一度できたニキビは治りにくく、痕も残りやすいという、非常にデリケートなゾーンだといえるのです。

さらに、女性の場合は化粧品や日焼け止めがしっかり落としきれていないため、ニキビができることもあります。
最近では首筋までファンデーションを塗ったり、一年を通してしっかり紫外線ケアをする人が増えています。
顔のクレンジングは大多数の人がしっかり行うのですが、フェイスラインは落としたつもりでもちゃんと洗いきれていないケースも。

肌に残った化粧品が毛穴を詰まらせ、肌トラブルの原因になっている可能性があるのです。
男性の場合、髭剃りの刺激で毛穴が傷ついたり詰まったりして、ニキビの原因となることがあります。

フェイスラインの効果的なケア方法

フェイスラインのニキビを予防するには、とにかく「清潔」と「保湿」に気をつけることが肝心です。
冬場はマフラーやタートルネックなど、フェイスラインに長時間衣類が触れる機会が多いので、刺激や皮脂汚れが肌に残らないよう気をつけましょう。

夏などの汗をかきやすい時期は、長い髪の人は要注意。
汗で髪が顔やあごなどにはりついたままにしていると、衛生的にもよくありません。
食べ物や化粧品を扱った手でフェイスラインをべたべたと触ってしまうのもNG。
化粧直しの際や顔に触れるときは、なるべく手を清潔にしましょう。

体の内側からも、ニキビケアをしましょう

ニキビ予防に関して、体の内側からのケアも欠かせません。
まずはホルモンバランスを整えることが大切。
十分な睡眠を取る、規則正しい生活を送る、ストレスを溜め込まない、といったことを心がけましょう。
特に睡眠不足は自律神経の乱れを招き、肌だけでなく体の調子も崩す原因に。
忙しいときでも、できるだけ睡眠を取るようにしましょう。

また、肌のターンオーバーを促すことも重要です。
適度な運動を習慣にしたり、お風呂にゆったり浸かることで体を温め、血行を良くしましょう。
毎日たっぷりと水分を摂ることも大切。
できればお茶やコーヒーではなく、新鮮でミネラルバランスの良い水を十分に摂りましょう。

体の内側と外側からケアすることで、ニキビレスなフェイスラインを維持することができます。
これから夏に向けては、髪をアップにしたり首筋がオープンになる服装をすることが多くなるので、自信を持って見せられるフェイスラインを維持したいですね。
ぜひ、今回ご紹介したポイントに気をつけてケアしてみてください。

メルライン

ルナメアAC

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-フェイスラインニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.