ニキビと身体

ピルでニキビが予防できる?女性にとってピルがオススメな理由

月経異常や婦人病の改善ため、ピルを服用する女性が増えています。
女性特有の症状に効くとして人気が高まりつつあるピルですが、実はニキビにも有効なのだとか。
今回は、ピルでニキビを予防する方法についてご紹介します。

なぜピルがニキビ予防になるのか

経口避妊薬として有名なピルは、ホルモンバランスを抑制させる効果のある薬です。
通常、卵巣では月経や妊娠時に必要に応じて男性ホルモンが生産されるのですが、男性ホルモンは皮脂分泌を促すため、毛穴の詰まりやニキビの原因となります。

ピルを服用すると卵巣での男性ホルモンの生産量が抑制され、皮脂分泌も抑えることができます。
結果、ニキビになりにくい肌になるというわけなのです。

また、ピルには女性ホルモンが含まれているので、服用すると体内の女性ホルモン量が増加することになります。
女性ホルモンは肌の調子を整え、ニキビを抑制する作用を持っています。
そのため、ピルはニキビ予防になるといえるのです。

ニキビ治療にも使われている低用量ピル

ピルは婦人病やニキビ治療の薬としても使われています。
一般的に、「低用量ピル」とも呼ばれています。

女性の場合、ホルモンバランスが乱れてしまうことはよくあり、これによってニキビに悩まされている人が少なくありません。
婦人病やホルモンの影響でニキビがひどい場合は、皮膚科や婦人科でピルを処方してもらうことができます。

特に、生理前になるとニキビがひどくなる、という人にはピルによるニキビ治療が有効です。
皮膚科でニキビ治療をしても効果が出ない場合は婦人科を受診してみては。
女性ホルモンの分泌に関する異常が見つかるかもしれません。

ピルの使い方とは

ピルの服用の仕方は至って簡単。
毎日1錠飲むだけです。
用法・用量には厳しい規定がありますが、服用自体は難しいことはありません。

ピルは副作用があるともいわれていますが、低用量ピルなら副作用も少なく、安心して飲むことができます。
飲み慣れるまでは吐き気やだるさ、頭痛などを感じることもありますが、飲み始めて1~2週間すると落ち着くケースがほとんどです。

ピルはニキビだけでなく生理前のイライラや生理痛の緩和、肌荒れにも効果があるのが特徴。
ニキビに加えて生理前の不快な症状に悩んでいる人には、特にオススメの治療方法だといえそうです。

-ニキビと身体

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.