Q&A

ニキビ痕が残ってしまったら!今からでも遅くない対処法

繰り返すニキビや気がつけば悪化してしまったニキビが、痕になってしまったというケースは少なくありません。
痕が残ると一生治らないかも、なんて心配している人もいるのでは?

ここでは、ニキビ痕が残ってしまったとき、できるだけ早く治すための正しいケア方法をご紹介します。

ニキビ痕は種類別の適切なケアが重要!

ニキビ痕といっても、いくつかの種類があります。
自分で、しかもできるだけ早く治すためには、ニキビ痕の種類に合わせてケアする必要があります。

赤みが残るニキビ痕には

ニキビ痕が赤みを帯びているときは、肌が炎症を起こしている状態。
そのまま悪化してしまうと、赤みがいつまでも残ってしまったり、色素沈着を起こしてシミのようになってしまう可能性も。

洗顔はこすらないよう優しく行い、ビタミンC誘導体が配合された化粧水でスキンケアするようにしましょう。
保湿を心がけ、食事やサプリメントでビタミンを多く摂るようにして、肌のターンオーバーを促すと、ニキビ痕を改善することができます。

色素沈着を起こしているニキビ痕には

茶色や黒、紫色などに色素沈着してしまっているニキビ痕は、ニキビによる炎症が原因でメラニンが大量に発生し、濃い色素となって沈着している状態。
これを治すには、肌のターンオーバーを促進し、余分なメラニンを排出する必要があります。

色素沈着に有効なのが「ハイドロキノン」という、メラニンの生成を抑制する成分です。
医師による処方で配合薬をもらうこともできますが、市販の製品にも含まれているので、日常のスキンケアに取り入れてみるのもいいですね。

クレーター状のニキビ痕には

肌が凸凹のクレーター状になってしまっているニキビ痕は、一番ダメージが深く、自然治療が難しい症状です。
短期間では治らないので、長期的な覚悟でケアしていく必要があります。

この状態の肌はとても弱っているので、表面と内面からケアするアプローチが有効です。
例えばビタミン類が豊富で栄養バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠を取る、これだけでも肌にとってはとても有益。

また、ビタミンC誘導体など、ニキビ痕に有効な成分の入った化粧品を使うことも大切です。
肌の再生を手助けする、という感覚でスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

ニキビ痕を治すために気をつけたいこと

ニキビ痕が残ってしまうと、多くの人が一日でも早く治したいと思ってしまいます。
しかしきれいに治すためには、時間をかけてじっくり治すことが肝心。
焦りのあまり強い成分の入ったスキンケア用品を使ったり、無理なピーリングを行うなどすると、余計に悪化させてしまう可能性もあるのです。

状態に合わせたスキンケア方法と、毎日の食事や生活の仕方を見直すことで、ニキビ痕は治すことができます。
今回ご紹介した方法で、できてしまったニキビ痕もきれいな肌に蘇らせてみませんか?

ニキビ跡LP

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-Q&A

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.