ニキビと身体

ニキビのできやすさは遺伝する?驚きの答えを解説します

人間の容姿や体質が遺伝することは、もはや常識。
アレルギーや持病などが遺伝することは珍しくなく、親の体質を知ることである程度自分の体質や病気の可能性を知ることもできます。

実は、ニキビについても遺伝するという話があります。
まことしやかにいわれている「ニキビ遺伝説」について、今回はじっくり解説していきます。

ニキビは遺伝するのかどうか

気になるのは、実際にニキビが遺伝するのかどうかというところ。
体質が遺伝するのなら、ニキビのできやすさだって遺伝してもおかしくない、と思う人も多いかもしれません。

ニキビというのは肌トラブルの一つであり、遺伝子異常によって引き起こされる遺伝病とは厳密には異なります。

例えばニキビになりやすい体質が遺伝したとしても、実際にニキビができやすいかどうかは食習慣や生活の仕方、スキンケア方法によって左右されやすいのも事実。
ニキビができやすい体質でも正しいケアを行えばニキビを予防することができるので、必ずしも遺伝するとは言い切れない可能性があります。

また、ニキビの原因について考えてみると、肌質と毛穴のタイプによってニキビのできやすさが左右されるというデータもあります。
この2つは遺伝することが多く、「ニキビになりやすい肌質と毛穴というのは遺伝する」と言えそうです。

つまり、正確にはニキビが遺伝するとはいえない反面、ニキビになりやすい要素は遺伝する可能性があるので、肌質に合わせたニキビケアが重要だということになります。

肌質と毛穴の種類について

では、ニキビになりやすい肌質というのはどういうものなのでしょうか。
例えば皮脂分泌が盛んな肌と、そうでない肌というのがあります。
いわゆるオイリー肌と乾燥肌です。

オイリー肌は毛穴に油分や汚れが詰まりやすく、ニキビができやすい肌です。
また、乾燥肌は乾燥によって毛穴や皮膚が傷つきやすく、ばい菌の侵入によって炎症・ニキビを起こすことがあります。

また、おでこや小鼻はオイリーだけど頬や口周りは乾燥しやすいというような混合肌や、肌表面はオイリーだけど奥の方は乾燥しているという隠れ乾燥肌というタイプもあります。

これらの肌質は親と似ることが多いので、もし親御さんが子供の頃ニキビ肌だったとか、大人になってもニキビができやすいというようなケースでは、自身もニキビになりやすい肌質だと考えるのが自然です。

また毛穴についても、大きさは個人差があり、持って生まれた毛穴の大きさ自体は変わることがありません。
毛穴が大きい人はできるだけ引き締め効果のあるスキンケアを心がける必要があります。

自分の肌質を正しく知ることで、最もベストなスキンケア方法がわかります。
肌質や毛穴のタイプに応じたニキビケアを心がければ、仮にニキビができやすい肌質が遺伝していても、ニキビに悩まされずに済むかもしれないのです。

ニキビが遺伝するという、まことしやかな噂について、真相がお分かり頂けたでしょうか?
ニキビができやすくて悩んでいる人は、ぜひ親御さんの肌質について聞いてみてはいかがでしょう。
効果的なニキビケアのヒントが隠れているかもしれませんよ。

-ニキビと身体

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.