ニキビと食べ物

チョコレートを食べるとニキビができやすいって本当?

「チョコレートを食べるとニキビができる」。
こんなイメージはありませんか?

ニキビを気にしている人の中には、「チョコレートはとにかくNGな食べ物」と考えている人が多いかと思います。
ここでは、本当にチョコレートを食べるとニキビができるのか検証してみます。

チョコレートを食べるとニキビができる?

なぜ、チョコレートを食べるとニキビができるといわれているのか。
理由はチョコレートに含まれる油脂分と糖分にあります。

チョコレートの原料であるカカオには多くの植物性油分が含まれていて、これ自体はニキビの原因にはなりません。
しかしチョコレートに大量に含まれている糖分と一緒になると、ニキビの原因になりやすくなるのです。

油脂分と糖分を過剰に摂取することで、肌表面の皮脂分泌が過剰になります。
毛穴が皮脂詰まりを起こし、そこに汚れやばい菌が入り込むと、炎症を起こすことに。
これがニキビのできる過程です。

チョコレートを食べるとニキビができるというのは、スーパーやコンビニで売られている甘いチョコ菓子を食べ過ぎると、こうした理由でニキビができやすくなるからだと考えられます。

もともとオイリーな肌の人は少量のチョコレートでも皮脂詰まりが起こりやすく、肌が油っぽくなりがちです。
肌質や食べる量によっても異なりますが、チョコレートは間接的にニキビの原因になっているといえるのです。

チョコレートの全てがダメなわけではない

チョコレートはニキビができやすい人にとっては、控えた方がいい食べ物の一つ。
しかし絶対にチョコレートがダメ、というわけではありません。

気をつけたいポイントは、脂質と糖質のバランス。
砂糖を大量に加えてあるチョコレートはニキビ予防のためには避けた方が良いのですが、最近は糖分を少なくしたり脂質をカットしたチョコレートも多く市販されていますので、どうしても食べたいときはこういったタイプの製品を選ぶと良いでしょう。

チョコレートにはカカオポリフェノールが豊富に含まれていて、高い抗酸化作用が期待できます。
これはニキビ痕の改善にも役立つといわれていて、他にも亜鉛や鉄分といった栄養素も豊富なため、美容効果が高い食べ物であるいわれているほど。

最近の研究では適量のチョコレートにはダイエット効果や、生活習慣病の予防にも役立つ効果があることがわかっていて、美容と健康に良い食べ物として認識が改められつつあるのです。

以上のように、チョコレートは種類や成分にさえ気をつけて食べれば、ニキビに直結する物ではありません。
オイリー肌な人や、思春期で皮脂分泌が盛んな時期には、甘くないチョコレートを選ぶように気をつけてみてはいかがでしょうか?

-ニキビと食べ物

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.