Q&A

つぶしてしまったニキビの正しいレスキュー方法について

ダメとわかっていても、ついニキビをつぶしちゃうことってありますよね。
ニキビの種類によってはつぶした方が治りが早いものもあり、つぶすこと自体が絶対にNGとはいえません。

しかし、ニキビをつぶしてしまった後、適切なケアを行わないと痕が残ってしまったり炎症を起こして悪化する場合もあります。
肌トラブルを繰り返さないためにも、もしニキビをつぶしてしまったら、適切なケアを行いましょう。

ニキビをつぶすとどうなるの?

にきびを無理やりつぶしてしまうと、肌は傷ついた状態に。
そのままにしておくとばい菌が入りやすく、炎症を起こしたり毛穴が開いたままになってしまう恐れがあります。

また、陥没してクレーター状になってしまうケースも。
クレーターになってしまうと自然に治すのは難しく、見た目にも目立ってしまいます。
お化粧などでごまかすのも大変なので、できればクレーターにならないよう、正しいニキビケアを心がけることが大切です。

ニキビをつぶしてしまった後の状態は、ニキビの種類によって異なります。
毛穴が詰まったことで発生する白ニキビや黒ニキビに関しては、上手につぶせば治りが早くなるといわれています。

しかし黒ニキビより症状が悪化した赤ニキビや、膿を持った状態の黄ニキビに関しては、つぶすことは逆効果。
よりひどい炎症につながったり、赤みやニキビ痕が残ってしまう原因となるのです。

ニキビをつぶした後にすべきこと

ニキビをつぶしてしまったときは、とにかく清潔に保つことが肝心。
気になるからといって手で何度も触ったり、隠すために化粧品を厚めに塗るといったことは避けましょう。

赤く腫れたり痛みがあるときは冷やしたタオルなどでクールダウンし、もしメイクをしたままの場合はきれいに洗い落とすようにしましょう。
メイクや化粧品を落とした後は、消毒液やオロナインといった市販薬を使うのもオススメです。

また、ニキビ後は傷口と同じなので、日焼けしないように気をつけることも重要。
紫外線を浴びると傷跡が残りやすくなるので、外出の際は絆創膏などを使って、直接日に当たらないような工夫をしましょう。

日焼け止めは油分によって毛穴が詰まりやすくなるので、傷口に直接塗らないのがベター。
日傘や帽子などを活用して、ニキビ痕に日が当たらないよう気をつけましょう。

ニキビをつぶしたことによる皮膚の摩擦やストレスなどで、くすみや色素沈着が起こることもあります。
これを防ぐためには、ビタミンC誘導体を配合した化粧水が有効。
傷口がかさぶたになってきたら、ビタミンC誘導体の入ったアイテムでスキンケアを行うと、肌の回復が早くなります。

以上のようなレスキューを行うことで、つぶしてしまったニキビ痕のダメージを軽減することができます。
また、何より大切なのが、つぶしてしまった後は極力触らずそっとしておくということ。
痛みや傷口が気になって無意識に触ってしまいがちですが、手で触れることが一番問題だということを意識することが重要なのです。

-Q&A

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.