こめかみニキビ

こめかみにニキビができる原因とは?

ニキビに悩む人の中には、こめかみにできるニキビが気になるという人も多くいます。
人目にも付きやすく、自分でも気になることの多いこめかみニキビ。
ここではその原因とベストな対処法をご紹介します。

こめかみにできるニキビの原因とは

こめかみにできるニキビは10~20代が最も多いといわれています。
その原因は大きく分けて3つ。

①髪の毛による刺激
②シャンプーや洗顔のすすぎ不足
③ストレスの影響

まず一番多いのが、①にある髪の毛による刺激です。
こめかみは髪で隠れやすく、ニキビができると髪を下ろして隠してしまう人も多い場所。
髪に付いた油分や汚れが肌を刺激し、ニキビの原因になってしまうのです。

ニキビを隠すために髪の毛を下ろすと、さらに悪循環になり、治りにくいばかりか痕が残ってしまうことも。
こうなると治療に時間がかかるので、こめかみにできたニキビは髪の毛で隠さないようにしましょう。

また、シャンプーや洗顔時、しっかり石鹸成分を落としきれていないためニキビになってしまうこともあります。
こめかみは髪の生え際が近く、すすぎが不十分になりやすい場所。
石鹸成分が肌に残っていると、毛穴を詰まらせ菌が繁殖しやすくなるのです。
顔の他の部分より入念にすすぎ洗いをするように心がけましょう。

そして意外と知られていないのが、こめかみは皮膚がデリケートでストレスや身体疲労の影響を受けやすい場所だということ。
疲れが溜まってくると、こめかみにニキビができやすくなるのです。

こめかみニキビが悪化するとこんな事態も

こめかみにニキビができたときは、上記の原因に気をつけて、適切なケアをすることが大切です。
清潔と保湿を心がけ、気になっても手で触ったり髪の毛で隠したりしないのが鉄則。

しかし中にはどうしても着になってつぶしてしまったり、いじって悪化させてしまうケースも。
こめかみニキビは繰り返しやすいため、悪化するのも早いのです。

悪化してしまうと凹凸のあるクレーター状になったり、そこからさらに悪化してケロイド状になることも。
皮膚の奥の真皮までダメージが進み、クレーターが複雑に組み合わさって盛り上がったり、やけど痕のような状態になってしまうのです。

ケロイドになると自然治癒には数年から数十年の時間が必要で、見た目にもとても目立つ傷跡となってしまいます。
早く治したい場合はレーザーやステロイド剤などを使った、専門医による治療が必要になります。

クレーターやケロイドになってしまう前に、こめかみニキビはできるだけ早く治すようにしましょう。
ここでご紹介した対処方法を元に、悪化させずに直すことが大切です。

よく読まれてる記事

1

ニキビといえば思春期の象徴と思われがちですが、最近は大人の女性でもニキビに悩まされる人が増えています。 特に、あごや首筋などのフェイスラインにできるニキビが、肌トラブルの代表ともいえます。 女性の大敵 ...

2

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。 あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。 そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すため ...

-こめかみニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.