おでこニキビ

おでこニキビの原因と予防策

おでこによくニキビができる人は、多いのではないでしょうか。
おでこは汗をかいたり髪の毛で隠れたりしやすいので、ニキビができやすい部位の一つ。
きれいなおでこでいるために必要なケアのポイントをご紹介します。

おでこニキビはなぜできるの?

おでこのニキビができる原因には、大きく分けて2つあります。
1つは、髪の毛や整髪剤などが付着して毛穴に汚れが溜まったり、詰まったりしりやすいこと。
特に最近では前髪を下ろすスタイルが人気ですが、これも実はおでこニキビができやすい要因となっているのです。

また、シャンプーや整髪剤の成分がしっかり洗い流せていないため、毛穴を詰まらせてしまうケースもあります。
シャンプーや洗顔後のすすぎが十分でないと、成分が肌に残ってしまい、おでこニキビができやすくなってしまうのです。

また、おでこニキビの原因のもう一つが、皮脂分泌による肌トラブルです。
おでこは皮脂の分泌量が多く、顔の中でも油っぽくなりやすい場所です。
こまめにケアしないと毛穴が詰まりやすく、かといって油分を落としすぎると乾燥して肌トラブルの原因ともなります。

これら2つの原因が複雑に絡み合うことで、おでこニキビはできやすく、そして一度できるとなかなか治らないということになるのです。

おでこニキビを予防するには

おでこニキビを予防するのに効果的な方法をご紹介します。

①おでこに前髪がかからないようにする
特に夏場など、汗をかきやすい時期はおでこに前髪がかかるのはNG。
できるだけ前髪をアップスタイルにしたり、横に流してピンで留めるなどすると良いのではないでしょうか。

女性の場合、おでこが前髪で隠れていると余計に汗をかきやすくなります。
さらにファンデーションなどの化粧品の油分と混じり合い、おでこは蒸れやすい状態に。
汗と皮脂、油分が毛穴を詰まらせ、菌が繁殖しやすくなるため、ニキビが最もできやすくなります。

②おでこを清潔に保つ
おでこに汗をかいたらこまめに拭く、場合によっては洗顔するといった方法がオススメ。
おでこを拭くときは、手の甲などでぬぐったりするのはNG。
手に付いたばい菌がおでこに移り、ニキビの原因になってしまいます。
おでこの汗を拭くときは、清潔なタオルやハンカチでこすらないように優しく拭きましょう。

③おでこのすすぎは10回以上
シャンプーや洗顔時のすすぎは、おでこだけで10回程度は行うようにしましょう。
石鹸の成分が残らないよう、丁寧に優しくすすぐのがポイント。
毛穴の汚れも落ち、きれいなおでこをキープできます。

おでこ美人は好印象

ニキビのないきれいなおでこをすっきりと前面に出していると、見た目にも好印象。
ある調査によると、おでこを出している人は、出していない人より好印象に見られるのだとか。

おでこニキビが気にならなくなれば、自分に自信が持てたり、オシャレがより一層楽しくなります。
おでこニキビについて正しく知り、効果的なケアを行っていきましょう。

-おでこニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.