あごニキビ

あごニキビのケア

仕事や勉強でストレスが溜まってくると、あごのあたりにぽつんとできるニキビ。
あごのニキビはなかなか治らず、しかも意外と目立つので厄介者です。
そんなあごニキビをできるだけ目立たなくし、かつ早く直すためのケアをご紹介します。

あごニキビはこうしてケアしよう!効果的なカバー術

あごはターンオーバーが遅く、ニキビ痕が残ってしまいやすい場所。
しかもニキビができてしまうと、髪の毛や衣類が触れることで刺激され炎症になったり、手で触れてばい菌が付くことも。
あごのニキビは一度できるとケアが難しいものなのです。

あごをきれいに保つためには

あごのニキビを予防するには、まずスキンケアに気をつけることが大切です。
しっかりケアしているつもりでも、化粧水や美容液がしっかり届いていなかったり、量が足りなかったりすることが多くあります。
特に化粧水を手で塗っている人は、あごのあたりはちゃんと塗れていないケースも。
もったいないからと量を少なめにしていると、フェイスラインには足りなくなってしまうのです。

また、洗顔の仕方にも注意が必要です。
メイク落としのときは、あごの下まで丁寧にクレンジングしましょう。
首筋と顔の色ムラができないよう、あごより下までファンデーションをつける人は少なくありません。

しかしメイクオフとなると、シャワーやボディソープでクレンジングできていると思っている人もいるようです。
化粧品の油分は落ちにくいので、しっかり専用のクレンジングで洗い流すことが大切です。

ただし、洗いすぎにも要注意。
クレンジングのしすぎや、洗顔で念入りに洗いすぎてしまうと、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことに。
乾燥肌の原因となり、肌のバリア機能が低下して毛穴に細菌が入りやすくなってしまいます。

あごは紫外線対策もお忘れなく!

年々、暑さを増していくような夏場の日差し。
夏の盛りを迎える前でも、春先から紫外線の量は非常に多くなってきます。
日焼けすると肌は乾燥し、固くなってしまいます。
毛穴が開きっぱなしになったり、皮脂分泌が上手くできなくなるため肌トラブルの一因となるので、紫外線対策をこまめに心がけましょう。

顔は絶対に日焼けしたくない、という人も多いのですが、首筋にはあまり注意しない人も。
髪を結んだり、襟ぐりのあいた服を着るなどして、首筋が日光を浴びやすい季節。
こまめに紫外線ケアをすることで、ニキビ予防にもつながります。

あごニキビは男性ホルモンの影響で増える!

なんとなくあごのラインにニキビがよくできるという人は、体の中で男性ホルモンが増えていたり、ホルモンバランスが乱れている可能性が。
男性のひげがあごの辺りに濃く生えるのは、実は男性ホルモンの影響です。
あごからフェイスラインにかけては男性ホルモンの受容体が多くあり、ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの影響で肌トラブルが起きやすくなるのです。

逆に言えば、あごのあたりにニキビが増えてきたら、体が疲れていたり栄養が偏っている証拠。
いつもより早く寝るよう心がけたり、新鮮や野菜や果物を食べるようにしましょう。
あごニキビがなくなってきれいな肌になれば、ホルモンバランスも好調な証。
規則正しい生活を維持するようがんばりましょう!

ago-melline

-あごニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.