あごニキビ

あごニキビと冷え性

女性にとって、一年を通して身近な「冷え性」。
夏場でも羽織ものが欠かせない、という人も少なくありません。
実は「冷え性」はニキビとも深い関係があるって知っていましたか?

あごニキビの原因は冷え性?その意外な関係とは

いまや女性だけでなく男性も悩まされているという「冷え性」。
ただの冷え性だけでなく、自覚症状のない「隠れ冷え性」も増えているのだといいます。
血行が悪く、夏でも体が冷たい冷え性は、寒いだけでなくさまざまな体調不良を招きます。
肌トラブルの一因ともなっているのです。

冷え性がニキビの原因になるわけ

冷え性は、ストレスや運動不足などの理由から血行が悪くなり、手足や内臓が冷えてしまう症状です。
手足などの血液循環が悪くなる場合を末端冷え性といい、夏場でも手足が冷たい人はこのタイプの冷え性です。
末端が冷える以外にも、内臓の温度が下がり機能が低下するタイプの冷え性もあります。

では、なぜ冷え性がニキビの原因になるのでしょう?
既述の通り、冷え性は血行が悪くて起こります。
血液は体中を巡って栄養を行き届かせる働きを持っていますが、血行が悪くなることで全身に栄養が行き渡りにくくなり、お肌にも十分な栄養がいかなくなるのです。

栄養が足りないと、ツヤやハリが失われたり、肌荒れしやすくなります。
外部からのばい菌をバリアする機能も低下し、ニキビができやすくなるというわけです。

また、血液循環が悪くなると体内の老廃物がきちんと排出されなくなってしまいます。
通常であれば尿や便と一緒に排出される老廃物が血中に溜まってしまうと、肌から排出されることになります。
これが、ニキビなのです。

冷え性といってもただ体を冷やすだけでなく、ニキビの原因となってしまう仕組みについてわかっていただけたでしょうか?

冷え性ニキビを予防するには

普通の肌荒れや毛穴の皮脂詰まりによるニキビと、冷え性からくるニキビでは対処法が異なります。
冷え性ニキビの対処はまず、冷え性を改善させることが肝心になるのです。
そのためにはとにかく、体を冷やさないこと。

暖かい季節でも過剰な薄着は避けたり、足腰を冷やさないような服装を心がけましょう。
オフィスや学校の空調が効きすぎるという場合は、ひざ掛けやカーディガンなどを常備して体温を調節しましょう。

また、食べ物にも注意が必要です。
なるべく温かい飲み物を摂るように心がけるのはもちろんですが、カフェインは体を冷やす作用があるので、コーヒーや紅茶を一日に何杯も飲むという人は要注意。
その際は紅茶にショウガを入れたり、コーヒーをノンカフェインの物にする、などの工夫をしてみましょう。

最近女性に人気の豆乳も、摂りすぎには注意が必要です。
豆乳に多く含まれるイソフラボンは、カフェインと同じく体を冷やす効果があるのです。
ネギやショウガ、唐辛子やスパイスなどの、体を温める食べ物も上手に取り入れて、冷え性を改善する食事を心がけるとよいですね。

一日の終わりにはゆっくりとお風呂に入り、全身をしっかり温めることも大切です。
手足の末端まで血行を良くすれば、就寝時もスムーズに眠りに入ることができます。
入浴はリラックス効果もあり、冷え性の原因となるストレスを軽減してくれるので、入浴はまさに一石二鳥の行為なのです。

いかがでしたか?
今回は冷え性とニキビの意外な関係についてご紹介しました。
冷え性を改善すると月経不順や生理異常といった、さまざまな体の不具合を改善することにもつながります。
ぜひ今回ご紹介したポイントをおさえて、冷え性ニキビを効果的に予防してみてください。

-あごニキビ

Copyright© ニキビケアつるすべちゃん , 2018 All Rights Reserved.